診療科目

SUBJECT

神経内科・脳神経内科

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
脳神経内科は、「頭痛外来」「もの忘れ外来」「てんかん外来」で構成されています。

神経内科は精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。
体を動かしたり、感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、もの忘れ、意識障害などたくさんあります。

脳神経内科・神経内科はよく精神科や心療内科と間違えられやすい分かりにくい科だと思いますが、精神科は統合失調症やうつ病など精神的な問題を担当する科です。心療内科は精神的な問題から消化器症状など身体の症状が出た方を担当する科です。診察の結果で、整形外科や脳外科、耳鼻科、眼科などにご紹介させていただくこともございます。

こんな症状でお困りはありませんか?

下記の症例などに心当たりがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

下記の症例などに心当たりがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

  • 頭痛がある
  • めまいがする
  • 手足がしびれるロけいれんした
  • もの忘れがある
  • 反応が遅く、
    動作がもたもたしている
  • 同じことを繰り返し話したり、
    尋ねたりする

【お電話でのお問い合わせ】 092-596-4976

メールでのお問い合わせはこちら



ページ上部へ
シャトルバス運行中