専門外来

SPECIALTY

嚥下外来

嚥下外来

嚥下外来とは

摂食・嘸下とは、
①食べ物を認識して口に取り込み
②口の中で食べ物を飲み込みやすい形にして
③口からのどへ 
④のどから食道へ 
⑤食道から胃へ送り込む
一連の流れをいいます。

この流れのいずれかが障害され、食ぺ物をスムーズに飲み込めなくなることを「嘸下障害」といいます。

嘸下障害を生じると、楽しいはずの食事が苦痛なものに変わってしまいます
障害が重度になると食事ができなくなったり、肺炎を引き起こしたりすることもあります
 

当院では、嚥下内視鏡によって嚥下障害の機能診断を行い、評価に基づいた誤嘸(※)のない食事を楽しむための指導や訓練方法の指導を行うことを目的とした外来が“嚥下外来”です。

(※)誤嚥:食物などが何らかの理由で、誤って咽頭と気管に入ってしまう状態

次のような方、
お気軽にご相談ください。

当院の嚥下外来では、“嘸下障害の方(可能性のある方)”すべてを対象に評価・検査を行っていきます。
嘸下障害でよく見られる症状には、次のようなものがあります。

嘸下障害でよく見られる症状

  • 食べるのが遅くなった
  • やせてきた
  • 食べこぼす
  • 口の中に食べ物が残る
  • のどの奥に食べ物が残る
  • 食事中にむせる
  • 痰が多い
  • のどがゴロゴロ鳴る
  • 風邪以外で熱が出ることがある
  • 食べ物がつかえる
  • 飲み込みにくい
  • 食べ物や胃液が逆流する
  • 咳が出る
  • など

当院では、嚥下内視鏡によって嚥下障害の機能診断を行い、食事を楽しむための指導や訓練方法の指導を行うことができます。

◎症状のある方には、医師の診察と必要であればVE検査を行いますのでお気軽にご相談下さい。

また、嚥下障害は、栄養という側面も非常に重要です。当院では嚥下障害によって不足する栄養をどうするかに関して、相談に乗ることが出来ます。体組成計で体の筋肉の量を測定することも出来ます。

リハビリテーション科のページへ

症状・症例から科目を探す
専門医による専門的な診療をご提供
くろつち先生



ページ上部へ