専門外来

SPECIALTY

痙縮治療・ボトックス外来

痙縮治療・ボトックス外来

 脳卒中や脊髄損傷・頚髄損傷、脳性まひなどで、筋肉に余計なつっぱりが生じることがあります。これを痙縮といいます。非常に強い場合は、曲がったまま伸びなくなることもあり、軽い場合でも肩や指の動かしにくさ、つま先の上がりにくさなどの症状がでます。痛みが生じることもあります。痙縮は治療が可能です。
 痙縮の治療には内服薬やブロック注射、手術やその他の方法があります。当院で行える治療は、内服とブロック注射です。内服治療は、注射などによる痛みはないことに加え、広い範囲に効果が出ます。しかし、よくも悪くも全身に効果が出るため、「だるい」「力が入り難い」などの副作用も出ます。
  ブロック注射は、注射という手間はありますが、緩めたい部分だけを緩めることが出来ます。通常のブロック注射は、局所麻酔薬を使用して一時的な効果を狙うものです。注射した薬の効果は数時間ですが、通常、数日間は効果が持続しますので、週に1回程度繰り返すことで効果が得られます。ボトックスという薬品を使用してブロックを行えば、1回の注射で3−4ヶ月は効果が持続します。
 痙縮は、その存在に気が付いていない患者さんも多くいます。麻痺が軽い方などは、痙縮が原因で動き難くなっていることに気が付かれ難いのも事実です。
 少しでも気になりましたらご相談下さい。

リハビリテーション科のページへ

症状・症例から科目を探す
くろつち先生
充実のリハビリテーション



ページ上部へ