専門外来

SPECIALTY

ロコモ外来

ロコモ外来

最近話題のロコモのこと 
もっと知っていきませんか。

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。進行すると日常生活にも支障が生じてきます。2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。

こんな症状でお困りはありませんか?

下記の症例などに心当たりがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

下記の症例などに心当たりがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

  • 片足立ちが苦手
  • 重い物を持てない
  • 家の中でつまずいたりする
  • 歩くことがつらい

是非、右図の「ロコチェック」を試していただき、当てはまる方、またはご心配な方はお気軽にご相談ください。

是非、下図の「ロコチェック」を試していただき、当てはまる方、またはご心配な方はお気軽にご相談ください。

担当医紹介

下記ボタンから担当医師のプロフィールをご覧いただけます。

【お電話でのお問い合わせ】 092-596-4976

メールでのお問い合わせはこちら

当院のリハビリテーションについては、こちらから詳しくご覧いただけます。くろつちの充実のリハビリテーション

充実のリハビリテーション

症状・症例から科目を探す
専門医による専門的な診療をご提供
くろつち先生



ページ上部へ
無料巡回バス運行中