専門外来

SPECIALTY

神経難病外来

神経難病外来

様々な神経難病に立ち向かっています。

神経難病とは神経系の病気の中で、はっきりした原因がわからない、治療法がないものです。パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳基底核変性症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、多発性硬化症などがあります。根本的に治すことは難しいですが、日常生活が可能になるような治療法があるものもあります。特定疾患の中でもパーキンソン病は、50歳以降に発症することが多く、手足がふるえる、手足の筋肉がこわばる、身体の動きが遅くなる、倒れやすくなるなどの症状が出現します。有病率は、人口10万人に対し100人程度です。初発症状は、片方の手のふるえや歩きづらさが多く、前かがみで小きざみに歩くようになります。筋肉のこわばりや手足のふるえは当初は片側だけですが、進行するにしたがって反対側にも現れます。治療は抗パーキンソン病薬の内服治療です。治療を受けることにより、ほとんどの患者さんが健康な方と同じように生活を送れます。特定疾患に認定されている神経難病は医療とかかわることで少しでも生活しやすくなることが可能です。

神経内科・脳神経内科のページへ

担当医紹介

下記ボタンから担当医師のプロフィールをご覧いただけます。

【お電話でのお問い合わせ】 092-596-4976

メールでのお問い合わせはこちら

福岡では当院だけ!認知症臨床研究施設案内

当院は福岡で初めての文部省の科学研究の共同研究指定を受けました。
その為「無料で」認知症予防研究ができます!是非ご参加をご検討ください。

症状・症例から科目を探す
くろつち先生
充実のリハビリテーション



ページ上部へ
無料巡回バス運行中