専門外来

SPECIALTY

頭痛外来

頭痛外来

その頭痛 危険なサインかもしれません。

頭痛は皆さん、一度は経験されたことのある、ありふれた症状ではないでしょうか?頭痛は頭痛の原因となる他の病気が無く、頭痛そのものが病気である「一次性頭痛」と頭痛の原因となる他の病気がある「二次性頭痛」に分けられます。
二次性頭痛の原因には脳出血やくも膜下出血、髄膜炎、脳腫瘍など命に関わりうる重篤な病気が含まれます。そのため、二次性頭痛を除外するために丁寧な診察と
画像診断が必要となります。二次性頭痛が否定されれば、片頭痛、緊張型頭痛、
群発頭痛、神経痛(三叉神経痛、後頭神経痛)など一次性頭痛の鑑別を行います。

片頭痛は比較的若い女性に多く、生理前後に悪化する方もいます。 頭痛の起こる前に、ギザギザとしたものが見えるなどの前兆がある場合もあります。頭痛の最中に吐き気がでたり、光や音が嫌に感じる方が多く、仕事や家事に支障をきたす頭痛です。頭痛発作時にはトリプタン系の薬剤が有効です。頭痛の頻度が多い方や頭痛の頻度が少なくても頭痛が起こると日常生活に支障が出る場合は、バルプロ酸やカルシウム拮抗薬などで予防的な治療も行えます。

緊張型頭痛はいわゆる、「肩こり頭痛」で、頭から首や肩の筋肉が硬くなり後頭部を中心に締め付けられるような頭痛を起こします。治療は筋肉をほぐす様な薬を内服したり、筋肉の張りが強い方にはマッサージやストレッチ、リハビリテーションもお勧めしています。

群発頭痛は若い男性に多く、最も激しい頭痛をきたす疾患の一つです。典型的には睡眠中に片方の目の奥の激しい頭痛に鼻水や涙を伴い、不穏状態になります。急性期はスマトリプタンの注射や点鼻薬が有効です。一定期間、群発頭痛が続くことが多く、片頭痛と同様に予防的治療も行えます。神経痛(三叉神経痛、後頭神経痛など)は顔面や後頭部に針を刺されたようなキリキリするような頭痛です。三叉神経痛は片方の顔面に発作的に起こる神経痛で、ひどい方は風が顔に当たったり、食べ物を噛むくらいでも痛みがでます。後頭神経痛は頭と頸の境目から出て後頭部の感覚を支配する大後頭神経が過敏になり起こる神経痛です。神経の興奮を抑えるような薬で治療を行います。

神経内科・脳神経内科のページへ

担当医紹介

下記ボタンから担当医師のプロフィールをご覧いただけます。

【お電話でのお問い合わせ】 092-596-4976

メールでのお問い合わせはこちら

福岡では当院だけ!認知症臨床研究施設案内

当院は福岡で初めての文部省の科学研究の共同研究指定を受けました。
その為「無料で」認知症予防研究ができます!是非ご参加をご検討ください。

症状・症例から科目を探す
くろつち先生
充実のリハビリテーション



ページ上部へ
無料巡回バス運行中